ベンチャー企業の発展【ハイリスク・ハイリターン】

市内を観光する

ベンチャー企業ですが、新しい技術の販売する中小企業が主な内容であったりすると思いますが、この業態への就職は、大企業から比べるとハイリスク・ハイリターンであったりします。 ベンチャー企業で代表的な職種としてはITでも携帯やスマホのゲームのようなゲーム会社が代表の一つと言えるでしょう。スマホゲームが人気が出た場合、通常の会社よりは年収が高くなると考えます。これらは大企業にないメリットであると思います。業績がだせば出すほどベンチャー企業では自身も成長していけるような業種が多いと思います。 中小企業なだけにいろいろな業務を自分でやらなければならないような大変さもあると思います。 これも人によってはメリットである人もいえます。

現在のベンチャー企業への就職については、最先端の技術の業種にチャレンジするのも良いかもしれません。 例えば、ウェアラブル端末を扱う業者や3Dプリンターのような業種などは面白いと思います。最新の技術を触れることができるのでも価値が高く、ベンチャーマインドがあふれる方であれば就職先に良いかもしれません。 最近のトレンドについては、上述で記載したウェアラブル端末や3Dプリンター事業、人口知能(AI)を駆使した仕組みを製造及び販売に携わることによって、新しい技術に取り組めることによりモチベーションが上がって、頑張れたりするものです。 今後もこのような人口知能などをつかった企業へ就職することによって、自身も同様に成長できるのではないかと考えます。